10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メシアの蟻地獄】感想(後半)

2015.03.03 13:38|第16回公演[メシアの蟻地獄]
『メシアの蟻地獄』の感想、後半です!

※感想欄に記入されているもののうち、公開の承諾を得たものの全文を掲載致します。適宜、句読点や改行を挿入しております。

====================
なんじゃこりゃというところが多かったのですが、なぜだか最後は感動してしまい、不思議な気持ちでした…!
【10代女性・高校生】
====================
今後も期待。
【20代男性・専門職】
====================
面白かった。望むのは、希なる事か、耐える事か、それを求め歩み続ける事が生きることなのか。
生と死にどれほどの意味があるのかは、どちらの重みも知り、等しく考え、与えられしを、追い求める事なのかもしれないですね。
【40代男性・専門職】
====================
脚本がおもしろかった。この人数での、テンポの良さ、ちゃんとそれぞれの役が見えた! 歌も良かったヨ!
【40代女性・会社員】
====================
テンポが良く、最後まであきずに観れた。
せまい空間でぐにょんぐにょん動いて凄いなと思った。
【10代男性・高校生】
====================
次の公演も楽しみにしています。
小佐部さんカッコよかったです。
【20代男性・大学生】
====================
面白かったです。中二の息子と楽しみました。ちょっと早かったかな?
【50代女性・主婦】
====================
みなさんとても全力でひきこまれました。
おもしろかったです。
【20代男性・学生】
====================
また観にきます。
【60代以上男性・会社員】
====================
トモヒロくんがアヤノちゃんのことずっと好きだと割とわかった。中盤まで共感していたようなのに途中から異常者になっているトモヒロ君。怖い。
【20代男性・大学生】
====================
人生自由でいいけど、苦しめるのも自分しだいって思いました。
【20代女性・専門学生】
====================
いつものアトリエより大人しくて、でもやっぱり後味悪くて良かったです。
柴田さん、めっちゃ歌うまい!! 大好きです。
山木さん、前回からファンです。おつかれさまでした!
【20代女性・会社員】
====================
こちらも実に小佐部っちらしい本だなあと思いました。
エピローグ長いかなあ。
チーム作りはどんどん上手になりますね。調和のとれたいいチームだったと思います。
小佐部っち役者いいよねえ。
【40代男性・その他】
====================
初めと終わりの柴田さんの弾き語り良かったです。
今回は全員に共感しながら観てました。
猪股さん終始良い味出してましたね。
【20代女性・大学生】
====================
愛と宗教よりもわかりやすく、個人的にはこちらの方が好きです。
【10代男性・大学生】
====================
声と言葉がしっかりしていた。
【40代男性・その他】
====================
やはり小佐部さんの演出(舞台表現)は面白いと感じた。
【大学生】
====================
考えさせられました。今までの(2回見ました)作品より明るかった気がします。
死ということがかかわっていながらも自由だったり言葉で伝えることだったりに重点がおかれていたのが新鮮でした。
【10代女性・高校生】
====================
少ない人数、せまいズテージで多彩なキャラクターを表現していてすごいと思いました。
舞台はカフェだけなのに、色んなシーンを表現できる役者さんたちの力ですね。
考えさせられるテーマで、強いメッセージを感じました。
【20代女性・会社員】
====================
言葉であらわせない…。でも面白かった。
【20代女性・高校生】
====================
山木さんイケメン。
【20代女性・高校生】
====================

感想をくださったみなさま、ありがとうございました!
今後とも劇団アトリエをよろしくお願いいたします!

小佐部 明広
スポンサーサイト

【メシアの蟻地獄】感想(前半)

2015.03.03 13:34|第16回公演[メシアの蟻地獄]
『メシアの蟻地獄』が無事終演いたしました。
アンケートでいただいた感想を掲載いたします。


※感想欄に記入されているもののうち、公開の承諾を得たものの全文を掲載致します。適宜、句読点や改行を挿入しております。


====================
物語が本当に面白かったです。人の内面を描いた物語大好きです。「絶望の望って書く」でグッと掴まれました。ありがとうございました!
【20代男性・大学生】
====================
う~ん、面白かったんですけど、ラストが、
希望の歌はいい歌だと思います。
しかし、演出が「希望を陳腐に」という演出だったのかなと思います、わかんないですけど……、
希望を陳腐だと笑う人はたくさんいると思うけど、僕はすばらしいなと思います。
きたえぬかれたアトリエさんが脱力されてて、すばらしかった。
光、自然できれいでした。ブタイもきれいでした。
【年齢等未記入】
====================
ここ最近少しちがって楽しくみられました。(ちがうから楽しいというのはちがうかな、でも楽しかったですよ。)
時間が経つのが早かったです。あさっても楽しみにしています。
【50代女性・主婦】
====================
脚本は面白いと思った。自由について考えさせられた。
【30代男性・学生】
====================
話の展開も良かったが、役者みんなで作っているという感じが伝わってきた。
観たものはどれも良かったので、次も観てみたい。
【20代男性・大学生】
====================
あてぶりを見て無声映画+弁士と思い出しました。(順番は逆ですね、画面があってから弁士の語りがつくから。)
【50代女性・主婦】
====================
世界観がとても面白かった。
【10代男性・高校生】
====================
最後の望の歌の伏線が最後の最後で回収されるのは見事だなと思いました。
脚本の段階で相当上出来だったと思いますが、脚本の良さを演者の皆様が120%引き出していたと感じました。
希望と絶望が素晴らしく調和のとれたブレンド作品だと思います。
【20代男性・大学院生】
====================
柴田さん、歌うまいっすね! すげえっす!
残りの回も頑張ってください!
【10代男性・高校生】
====================
多少判りづらい点がありましたが、新しい感覚の作品でした。
役者さんの感性が作品に良く出ていた作品だと思います。
次回作も頑張って下さい。
【60代男性・その他】
====================
演出も脚本もまとまっていると感じました。
浅野いにおさんのマンガを見てるみたいな舞台でした。
【20代女性・会社員】
====================
すごくすごく好きなお話でした。午前中にロクデナシさんも観たのですが、包丁がまた活躍するとは…!
ほんとメチャクチャに泣いてしまいました…。のぞみさんの歌すごく好きです♡
脚本もさることながら演出がすごくて観ていて飽きる瞬間がありませんでした~!
役者さん全員だいすきです! 『半神』も観に行きます! 本当おつかれさまでした~!
【20代女性・大学生】
====================
とてもていねいに練られた脚本を、ていねいに演出していて良かった!(柴田さんの歌が上手)。
トロ火でジワジワと具合が素晴らしい。
【30代男性・大学生】
====================

後半に続きます!

ご来場ありがとうございました!

2015.03.02 23:47|第16回公演[メシアの蟻地獄]
こんばんは。小佐部です。
『メシアの蟻地獄』、無事終演いたしました!

_MG_0682.jpg
_MG_0688.jpg
_MG_0941.jpg
_MG_1133.jpg
_MG_1068.jpg
_MG_1198.jpg
_MG_1411.jpg
_MG_1464.jpg
_MG_1632.jpg
_MG_1710.jpg
_MG_1797.jpg

毎度、少しずつ新しい表現に挑戦しています。
最終稿があがって9回しか稽古ができなかった中、
みなさん本当に頑張ってくれました。
(ありがとうございます!! ご迷惑おかけしました!!)

『メシアの蟻地獄』は僕が演出しましたが、
もうひとつの演目『リベンジ・シスターズ!』は、僕ではなく劇団800階の加納さん演出してもらいました。

自分の脚本を他人に演出してもらうという、
なかなかレアな体験をさせてもらいました。

実は今年は、
劇団アトリエの本公演でオリジナル脚本を上演するのは2回しかありません。

そのうち1回が終了しました。

次回のオリジナル作品は、10月末から11月頭に上演予定です。
前回の『愛と宗教』からつづいたポップでダークな作品も、
その10月末の作品でひとまず最後になるのではないかなと思います。

つまりは『愛と宗教』、『メシアの蟻地獄』につづく集大成!

という意気込みでございます。


が、

その前に、
6月に第17回公演が行われます!

演目は知る人ぞ知る『半神』です。

詳しい公演情報はまた改めてお知らせしますが、
待ちに待った作品でございます。


さらにその前に、劇団アトリエはある企画に参加いたします。

それは、『遊戯祭15』です!

手塚治虫の漫画を原作に、
舞台化いたします。

こちらも詳しくは後日改めてお知らせします。

どうぞご期待下さい!

今後共よろしくお願いします!

小佐部

『メシアの蟻地獄』初日終わりました!

2015.02.27 11:34|第16回公演[メシアの蟻地獄]
こんにちは。小佐部です。
『メシアの蟻地獄』の初日が終わりました!

好評なようで嬉しいです!
今日は劇団ロクデナシの方々が公演するので、
劇団アトリエはお休みです。
僕も今日はゆっくり休みます。

明日、土曜日からまたよろしくお願いします!

チケット予約はこちらから!

ご来場お待ちしております!

=============
劇団アトリエ・バトルシアターvol.1
劇団アトリエ第16回公演 プロブレム作品5
『メシアの蟻地獄』
演出・脚本 小佐部 明広

 本宮彩乃(もとみやあやの)が経営している喫茶店は、経営状態が悪化していた。
 そこで、以前高校のクラス会で再会した、経営コンサルタントの戸川友洋(とがわともひろ)に、相談することになる。
 友洋のアドバイスで経営状態は改善していくが、そのときから彩乃が蟻地獄にはまっていたなどということは、彩乃自身はまだ知らない……。

 喫茶店を舞台に繰り広げられる劇団アトリエのコラージュ演劇第二弾!

 人間はどこまで異常で不可解になることができるのか――。

【劇団アトリエ・バトルシアターとは?】
2つの演劇団体がバトルして勝敗を決めようという劇団アトリエの企画である。アトリエ代表の小佐部明広が、常々、自分の脚本をたくさん上演したいと思っていたため、2団体とも小佐部の別の脚本を使って上演する。vol.1は、小佐部と同い年のがくとが旗揚げした「劇団ロクデナシ」とバトルする。

【バトル方法】
1.面白かったら、会場内に設置した投票板にシールを貼ろう!
(シールは何枚でもok!)→シールの多い方が勝ち!
2.ツイッターでハッシュタグをつけてつぶやこう!(アトリエ:#蟻地獄 ロクデナシ:#劇ロク→つぶやきの多い方が勝ち!
3.観劇後アンケートにてに丸をつけよう!(5段階で評価)→平均得点が高い方が勝利!
是非ふるってご参加ください!

◆出演◆
柴田 知佳(劇団アトリエ)
小佐部 明広(劇団アトリエ)
小山 佳祐(劇団アトリエ)
山木 眞綾(演劇集団-遊罠坊-)
猪股 五郎(演劇集団-遊罠坊-)
袖山このみ(words of hearts)

◆スタッフ◆
舞台:上田 知
舞台デザイン:米田 悠果(劇団しろちゃん)
照明:山本 雄飛(劇団・木製ボイジャー14号)
音響:渥美 光(北海学園大学演劇研究会/劇団うみねこ)
衣装・小道具:佐竹 遥
宣伝美術:板山 果織(デンコラ)
制作:川幡 香奈(劇団・木製ボイジャー14号)
製作:竹内 麻希子(CAPSULE)

◆公演日程◆(上演時間90分予定)
2月26日(木)20:00~
2月27日(金)休み
2月28日(土)14:00~/20:00~
3月1日(日)11:00~/17:00~
(開演の30分前から入場できます)
※開演5分前までのご入場にご協力ください。

◆前売チケット料金◆
一般1800円 25歳以下1500円 高校生以下500円
※当日券は200円増しです。
※年齢確認や生徒手帳の提示をお願いする場合があります。

◆会場◆
演劇専用小劇場BLOCH
(札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1F)
地下鉄東西線「バスセンター前駅」8番出口より徒歩8分
地下鉄南北線/東豊線「さっぽろ駅」21番出口より徒歩10分

◆製作過程など最新情報はこちらから◆
ブログ→http://gekidanatelier.blog111.fc2.com/
Twitter→http://twitter.com/gekidanatelier

台本についてあーだこーだ。(稽古6~15日目)

2015.02.04 23:29|第16回公演[メシアの蟻地獄]
こんばんは。小佐部です。
『メシアの蟻地獄』の稽古をしております。

IMG_20150202_215217.jpg
画像は「メシアの蟻地獄三人娘」です。
山木眞綾さん(左)、柴田知佳(中央)、袖山このみさん(右)です。

今回の稽古場は半分が女性!
女性の多い稽古場は良いですね!

ちなみに手前の指は猪股五郎さんです……。

この前の土曜日に通し稽古をし、
その映像を見て、
僕が今日台本を直して持っていったわけです。

そして、その台本について、
どういうふうに変えたらいいかあーだこーだとみんなでお話しました。

これ、けっこういいですね。
次回からこういう感じにしようかな。

いろいろなアイディアが出て、
おかげさまで色々とまとまりそうです。

稽古は残り半分もないけれど、
よりよいものを目指してバシバシとやっていきます!

お早めにチケット予約を!
予約はこちらから!

ご来場お待ちしております!

=============
劇団アトリエ・バトルシアターvol.1
劇団アトリエ第16回公演 プロブレム作品5
『メシアの蟻地獄』
演出・脚本 小佐部 明広

 本宮彩乃(もとみやあやの)が経営している喫茶店は、経営状態が悪化していた。
 そこで、以前高校のクラス会で再会した、経営コンサルタントの戸川友洋(とがわともひろ)に、相談することになる。
 友洋のアドバイスで経営状態は改善していくが、そのときから彩乃が蟻地獄にはまっていたなどということは、彩乃自身はまだ知らない……。

 喫茶店を舞台に繰り広げられる劇団アトリエのコラージュ演劇第二弾!

 人間はどこまで異常で不可解になることができるのか――。

【劇団アトリエ・バトルシアターとは?】
2つの演劇団体がバトルして勝敗を決めようという劇団アトリエの企画である。アトリエ代表の小佐部明広が、常々、自分の脚本をたくさん上演したいと思っていたため、2団体とも小佐部の別の脚本を使って上演する。vol.1は、小佐部と同い年のがくとが旗揚げした「劇団ロクデナシ」とバトルする。

【バトル方法】
1.面白かったら、会場内に設置した投票板にシールを貼ろう!
(シールは何枚でもok!)→シールの多い方が勝ち!
2.ツイッターでハッシュタグをつけてつぶやこう!(アトリエ:#蟻地獄 ロクデナシ:#劇ロク→つぶやきの多い方が勝ち!
3.観劇後アンケートにてに丸をつけよう!(5段階で評価)→平均得点が高い方が勝利!
是非ふるってご参加ください!

◆出演◆
柴田 知佳(劇団アトリエ)
小佐部 明広(劇団アトリエ)
小山 佳祐(劇団アトリエ)
山木 眞綾(演劇集団-遊罠坊-)
猪股 五郎(演劇集団-遊罠坊-)
袖山このみ(words of hearts)

◆スタッフ◆
舞台:上田 知
舞台デザイン:米田 悠果(劇団しろちゃん)
照明:山本 雄飛(劇団・木製ボイジャー14号)
音響:渥美 光(北海学園大学演劇研究会/劇団うみねこ)
衣装・小道具:佐竹 遥
宣伝美術:板山 果織(デンコラ)
制作:川幡 香奈(劇団・木製ボイジャー14号)
製作:竹内 麻希子(CAPSULE)

◆公演日程◆(上演時間90分予定)
2月26日(木)20:00~
2月27日(金)休み
2月28日(土)14:00~/20:00~
3月1日(日)11:00~/17:00~
(開演の30分前から入場できます)
※開演5分前までのご入場にご協力ください。

◆前売チケット料金◆
一般1800円 25歳以下1500円 高校生以下500円
※当日券は200円増しです。
※年齢確認や生徒手帳の提示をお願いする場合があります。

◆会場◆
演劇専用小劇場BLOCH
(札幌市中央区北3条東5丁目岩佐ビル1F)
地下鉄東西線「バスセンター前駅」8番出口より徒歩8分
地下鉄南北線/東豊線「さっぽろ駅」21番出口より徒歩10分

◆製作過程など最新情報はこちらから◆
ブログ→http://gekidanatelier.blog111.fc2.com/
Twitter→http://twitter.com/gekidanatelier
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。