05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【蓑虫の動悸】感想まとめ(アンケートから)

2016.12.29 17:57|第20回公演[蓑虫の動悸]
劇団アトリエ第20回公演『蓑虫の動悸』が無事終演いたしました。
アンケートでいただいた感想を掲載いたします。

また10段階表での評価も掲載いたしました。


※10段階はアンケート上「1→かなり面白くなかった、3→あまり面白くなかった、5→ふつう、7→まあまあ面白かった、9→大変面白かった」と記載されています。

※基本的には、感想欄に記入されているもののうち、公開の承諾を得たものの全文を掲載致します。適宜、句読点を挿入しております。

====================
水にうつる影や照明が幻想的でした。
初めての経験です。
【50代女性/主婦】(評価:9)

====================
良かった。
【20代男性/学生】(評価:8)

====================
水の表現のはかなさが美しかったです。
【10代女性/高校生】(評価:9)

====================
お水のセット凄いです。びっくりしました。
アトリエさん何回観ても毎回ちがう雰囲気の作品でびっくりします。
ぞわぞわしました。ありがとうございました。
【20代女性/会社員】(評価:8)

====================
書きたい事、思ったことは沢山あるが、何と表現していいかわからない。
とにかくすごい物を観てしまったという感じ。
台本に何がどうやって書いてあるかはちょっと気になる。
【50代男性/その他】(評価:10)

====================
声を出すシーンはキチンと出してほしい。
【20代男性/その他】(評価:8)

====================
「脱ぐ」という演出に出会ったことがなく、またまぐわうような動きも衝撃でした。
家に帰り、ひとりでベットに入ったあと、きっとこのぶたいを思い出すのだろうなと思いました。
【10代女性/大学生】(評価:6)

====================
セリフがほとんどないということでお話的には若干わかりにくい部分もあったのですが、セリフがないからこそ際立つ人間の欲望や醜さが垣間見られて良かったです。
【20代男性/フリーター】(評価:8)

====================
普段生活している中で、言葉で伝わらないことが伝わった。
【20代女性/大学生】(評価:9)

====================
城田さんの演技を見に来ました!
全ての描写の正しい意図は推測できませんでしたが、
城田さん含め皆様身のこなしが美しくキレイな舞台でした。
【20代女性/会社員】(評価:8)

====================
美術館の様な世界の中に、時折生々しさがあったのが印象的でした。
今まで観た事のある物は全て「明るく」「楽しく」「ハッピーエンド」「仲間」というテーマであった為「孤独」が強い色で見えたこの作品は心に残ると思います。
大変面白かったです。ありがとうございました。
【20代女性/大学生】(評価:9)

====================
お芝居をこえてもはや芸術。舞台美術が美しかった。
痛い、悲しみがセリフ無いのに伝わってくる。
誰かにあいたくなった。ふれてほしくなった。愛してほしくなった。もう一度書く。痛い。
【20代女性/フリーター】(評価:8)

====================
おつかれさまです。身近なことのはずなのにとてつもなく大きな塊を魅せられた気がします。
照明が美しく、演者の出ハケの瞬間が一番好きでした。
落ちてくる水の音がずっと耳に残ってます。
役者さん全員が美しくそれもとてもプラスで下手くそな感想ですが本当に観て良かった。
あとの公演も応援してます。
【20代女性/フリーター】(評価:10)

====================
始まる前からの照明の変わりぐあいが良い意味で気になった。
こんなに耳をすませながら観た芝居は初めてかもしれない。
【40代女性/その他】(評価:8)

====================
言葉がなくても伝わってくることが沢山ありました。
観終わった後、とても切ない気持ちになりました。
【40代男性/会社員】(評価:10)

====================
とても怖かったです。セリフは少ないけれど動きに人間同士の温かさや人間の普段は見えないような怖さ、欲望、いろいろなものが伝わってきました。とても印象に残る装置、静かだけれど何か考えて何かしている、そんなものを強く感じました。
【10代男性/高校生】(評価:8)

====================
現代アートっぽさを感じました。
水の反射等も含め構図がきれいでした。
役者さんは全く気が抜けずに大変だったと思います。
まさみ、おつかれさま!
【20代女性/大学生】(評価:8)

====================
とても苦しくて…言葉にできないものを感じました。
それと同時にみなさん体いっぱい表現していてずるいです! ありがとうございました!
【10代女性/中学生】(評価:9)

====================
セリフが少ない分考えさせられました。
少し難しかった気がします。とても美しい舞台でした。
【10代女性/高校生】(評価:6)

====================
舞台がとてもすてきでした。「水」を使ったものを初めて劇で見て、無音の中で水の音がはえ、とても引き込まれました。孤独とは何であろうかと考えさせられた。
【10代女性/高校生】(評価:7)

====================
何度かアトリエさんの公演をみさせていただいているのですが、いつも以上に悲しく、何となく泣きそうになりました。セリフがほとんどない状態でも動きだけでストーリーは続いていくのも新しく知りました。またその動き1つ1つなぜかいろけがあってほんとんに「ああああ~…」となりました。孤独ってさみしい、だれかといっしょにいたいと思える作品でした。こじんてきにえみさんのさいごにたおれるシーンがすごく好きでした。
【10代女性/高校生】(評価:9)

====================
何と言っていいか…わかりませんが、大変衝撃を受けました。
全く見たことのないタイプの舞台でした。静かで暴力的で不思議でセクシャルな舞台だと思います。
【10代女性/高校生】(評価:8)

====================
蓑虫に仮託した人間心理ドラマで人の心の暴力性や傷つきやすさ、愛と悲しさといったものがよく描かれていた。
【30代男性/会社員】(評価:10)

====================
とても表現力と演出だけでもすばらしい作品だと思いました。あと出演者の方がいっぱい体力をうばわれる作品なのにすばらしいと思いました。
【30代男性/フリーター】(評価:9)

====================
「ほぼ無音のお芝居」というものをはじめて観ました。とてもとても興味深かったです。
観終わった今、とてつもないモヤモヤした感情に襲われています。この感情の意味を考えつつ、これからも過ごしていきたいと思います。
【10代女性/大学生】(評価:9)

====================
美しかったです。抽象的。観る人によって、この空間が自分に身近な空間になるのではないかと感じた。私は学生だからか、教室に見える時があった。孤独を知っている人間は、誰かの孤独を理解することができ、愛や、優しさを知っている人は与えることができ、痛みを知っている人は痛みを…という風に感じた。シンプルであるほどに観ている側に色々なものを与えていたように思う。面白かったです。ありがとうございました。
【10代女性/高校生】(評価:10)

====================
本日はありがとうございました。きれい事がなく見ていておもしろかったです。
救いがないからこそ、これが、現実だと感じました。
本当にありがとうございました。
【10代女性/高校生】(評価:6)

====================
苦しかった。
【10代女性/大学生】(評価:8)

====================
セリフに少ないものはあまりみたことがなかたので、とても興味深かったです。
とても考えさせられました。ありがとうございました。
【10代女性/高校生】(評価:9)

====================
こういう劇好きです。もう一回みたい。
【10代女性/高校生】(評価:10)

====================
すごい。これは。。台本あるのか? あるでしょうね。どうしてこういうことを思いつくのか、おどろきです。演技すごい。
【未記入】(評価:9)

====================
(おくれて最後の10分見れなかったのが残念でならない…)
水を使った演出がすてきでした。考えれば考えるほどわからない、奥の深いものでした…意味を完全に理解できたかわかりませんが、心にグッときました。
【20代女性/学生】(評価:8)

====================
素晴らしい。とても美しくて、とても醜い。孤独を持つものとして、とても感じる所がある。自分自身を見ているようで、息苦しかったが、本当にまた見たいと思った。
【40代男性/芸術家】(評価:10)

====================
セリフが無いぶん、見るのが退屈ではあった。ですが悪くない「退屈」でした。間でもない。瞬間のとり方が良かったと思います。
【20代男性/会社員】(評価:6)




※ツイッターの感想はこちらでご覧になれます!

感想をくださったみなさま、ありがとうございました!
来年からクラアク芸術堂をよろしくお願いします!

小佐部 明広

スポンサーサイト

ご来場ありがとうございました!

2016.11.14 18:12|第20回公演[蓑虫の動悸]
小佐部です。

劇団アトリエ第20回公演『蓑虫の動悸』にご来場くださりありがとうございました。

DSC_2648.jpg
DSC_2751.jpg
DSC_2757.jpg

今回の舞台は、ほとんど喋りませんでした。

去年11月の『瀧川結芽子』、今年3月の『もういちど ~蛙飛びこむ水の音~』がたくさん喋る舞台で、
そのあたりから、なにかもっと喋らない、静かな舞台ができないものかとぼんやりと思い始めていました。

なにかもっと違うところに行かなければ、
という思いがあったのでした。

DSC_2839.jpg
DSC_2963.jpg
DSC_3097.jpg
DSC_3217.jpg


コンテンポラリーダンスを観る機会がいくつかあって、
今年はシルクドソレイユというサーカスもみに行って、
言葉に頼らずに、
ワクワクできるようなものに出会いました。

なにか喋らずに、物語をつくっていこうと思い、
こういった舞台になりました。


DSC_3459.jpg
DSC_3479.jpg


出演者は、劇団アトリエの有田哲を除き、全員20少しくらいの年齢で、
本当によくやってくれたと思います。

最初はみんな台本を渡されて「?」みたいな感じでしたが、
みんな僕のやりたいことを理解してくれて、
本当に、ありがたいなぁと思いました。


DSC_3500.jpg


そして、
スタッフのみなさんも、面白がってこの舞台に協力してくれていて、
本当に恵まれた機会だったと思います。


演劇をやっていると、
ある程度ルールみたいなものができあがっていて、

観客に顔がみえるようにしましょうとか、
テンポよくやりましょうとか、

そういうものがいくつかあって、
それは基本的には大事なことなのですが、

そういうものが、知らずしらずのうちに、
舞台でできることの幅を狭くしているように感じることもあります。

僕は、この作品づくりをしたことで、
これから舞台をつくっていくことに、
できることの幅が広がっていくような気がしています。


正直、思ったよりお客さんは来ませんでしたし、
否定的な感想も多々ありましたが、
やっぱりそれはそういうものだなと思いました。


逆に『二番芝居』は、みなさん暖かく受け入れてくださったような印象です。
3人とも、30分の正座お疲れさま。

3月の演出家コンクールではコテンパンでしたが、
面白いという感想が多くてよかったです。
(東京でも、なんと、観客投票2位!でしたからね。)



さて、次で劇団アトリエの公演も最後です。
もちろん役者はたくさん喋ります。

最後の公演、見届けていってください。

『汚姉妹 -呪われた少女-』という、2013年初演の『汚姉妹』のリメイク版です。

【劇団アトリエ第21回公演『汚姉妹 -呪われた少女-』】
http://gekidanatelier.web.fc2.com/atelier/next/information2.html

最後まで、どうぞよろしくお願いします。

小佐部

これが舞台。(稽古27~32日目/仕込み・ゲネプロ)

2016.11.10 23:58|第20回公演[蓑虫の動悸]
こんばんは、小佐部です。

先ほど、ゲネプロ(本番通りにやるリハーサル)が終わりました。

これが「舞台」だなあと思いました。

ほとんどなにも喋りませんが、
とてもとても観ごたえのある舞台です。

「なんか気が向かないなあ」と思っているあなたも、
「面倒くさいなあ」と思っているあなたも、

この舞台をみたら、なにかが変わるかもしれません。


明日から3日間。

劇団アトリエ最後の新作公演です。

最後の新作なので僕のやりたいようにやらせてもらいました。


本当に多くの人に見てほしい。

万人受けは確実にしないけれど、
これが「舞台の面白さ」なんだと思うんです。

どうか、どうかご来場お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

チケット予約はこちら


蓑虫の動悸フライヤー表小


劇団アトリエ第20回公演
『蓑虫の動悸』 演出・脚本 小佐部 明広

 触れ合う。慰められる。犯していく。
 孤独と動悸。私の存在。

 沈黙で描かれる、「私」の心の中の時間。

 孤独な「私」は、どこへ行く。

 誰かと関係をもとうとするが、誰とも関わることができない。近づこうとして拒否されることもある。
 本当は、他者から温もりをもらいたいのに、自分で自分に温もりを与えようとする。
 そこに、自分と関係を持とうと思ってくれる人が現れるかもしれない。

 その人が、自分にとって最も親しい人になるかもしれない。
 ところが、その人にとっての一番親しい人は、自分ではないかもしれない。
 それを知って、裏切られたと感じるかもしれないし、いたたまれなくなることもあるかもしれない。
 自分が親しくしてあげてた人が、ほかの誰かにとられてしまうこともあるかもしれない。
 そうして人間はひとりになっていくのかもしれない。

 誰も自分のために泣いてくれず、誰も自分のために笑ってくれず、幸せそうな人を見ては恨み、
 なぜ自分がこんな目にあわなければいけないんだと思う一方、
 自分程度の人間はこんな目にあっても仕方がないと気づき、ただ「待つ」だけの存在となり、待てども待てども誰も来ず、
 ひからびて、自分の生に興味もなくなり、そのままじわじわ死にむかっていく。かもしれない。

 そういった不安と孤独を抱える人に、この作品を捧げたい。

 劇団アトリエ代表 小佐部 明広


…━━…出演…━━…
城田 笑美
有田 哲(劇団アトリエ)
英 まさみ
むらかみなお(デンコラ)
中村 雷太
遠山 くるみ
秋山りな(デンコラ)

※事情により出演予定だった劇団員の新谷菜摘が出演できないこととなりました。 代わりにデンコラ・秋山りなさんが出演いたします。

…━━…日時…━━…
2016年
11月11日(金)19:30 
11月12日(土)13:00/19:00
11月13日(日)12:00/16:00
(開場は開演の30分前です。)

…━━…会場…━━…
生活支援型文化施設 コンカリーニョ
<札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)>
※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

…━━…料金…━━…
【前売・予約】 一般2000円
         DM会員1800円/25歳以下1500円/高校生以下500円
【当日券】 各500円増/再観1000円

※25歳以下、高校生以下のお客様は、年齢の確認できるもの、学生証等のご提示をお願いする場合がございます。
※DM会員様は、劇団アトリエからのハガキを受け取っている方が対象の割引です。受付で案内ハガキをご提示ください。


…━━…チケット取扱い…━━…
◆チケット予約フォーム(corichチケット)
http://ticket.corich.jp/apply/77417/
◆ローソンチケット(Lコード:16432)

Twitter:@gekidanAtelier(#蓑虫の動悸)
HP http://gekidanatelier.web.fc2.com/

携帯からの予約はこちらをクリック!




[PR] 演劇 訪問看護 訪問看護 八王子 ミラートレーダー 初心者



<『蓑虫の動悸』と同時上演!>
若手演出家コンクール2015優秀賞受賞記念公演『二番芝居』 演出・脚本 小佐部明広

二番芝居

今年3月、若手演出家コンクール最終審査のために東京で上演した『二番芝居』を札幌でも上演します。
落語の手法を借りて、ある一人の作家の劣等感を描いていきます。

(出演)信山E紘希、伊達昌俊、有田哲
(日時)11月11日(金)16:00  11月12日(土)16:30
(会場)生活支援型文化施設 コンカリーニョ
(料金 前売・当日)一般 1800円、蓑虫割引 1500円、25歳以下 1000円
※「蓑虫割引」は『蓑虫の動悸』と一緒に観劇する方が対象の料金です。『蓑虫の動悸』のチケット(もしくは半券)をお持ちの方はご提示ください。お持ちでない方は『蓑虫の動悸』のチケットのご予約があるかをこちらで確認いたします。
(チケット予約)https://www.quartet-online.net/ticket/2ban4bai
<ローソンチケット発売!>Lコード:16433

=============

チケット予約はこちら

よろしくお願いします。

小佐部

動く彫刻(稽古13~26日目)

2016.11.05 13:11|第20回公演[蓑虫の動悸]
こんにちは、小佐部です。

来週の金曜日から『蓑虫の動悸』が始まります。

この舞台をやるにあたって、
以前、彫刻の美術館に行ってきました。

彫刻は、とまっているのに、
その構図や姿勢から、
いろいろなものを想像できたりします。

今回の舞台は、
「動く彫刻」のような感じになればいいなと思っています。


この作品は、「私」の心象風景からなります。
なので、少し抽象的な舞台です。

小屋がたっていたり、ベンチが置いてあったり、
地面に水がはっていたりします。

今回は「芸術」を目指しています。

チケット予約はこちら



そして、同時上演の『二番芝居』も稽古中です!

こちらは今年3月に東京で上演した作品で、
今回札幌では初上演です!

さくっと楽しめるのでこちらもみに来てください!

『二番芝居』の出演者たち↓
DSC_1509.jpg
有田哲

DSC_1529.jpg
信山E紘希

DSC_1722.jpg
伊達昌俊


こちらもぜひご覧ください!




蓑虫の動悸フライヤー表小


劇団アトリエ第20回公演
『蓑虫の動悸』 演出・脚本 小佐部 明広

 触れ合う。慰められる。犯していく。
 孤独と動悸。私の存在。

 沈黙で描かれる、「私」の心の中の時間。

 孤独な「私」は、どこへ行く。

 誰かと関係をもとうとするが、誰とも関わることができない。近づこうとして拒否されることもある。
 本当は、他者から温もりをもらいたいのに、自分で自分に温もりを与えようとする。
 そこに、自分と関係を持とうと思ってくれる人が現れるかもしれない。

 その人が、自分にとって最も親しい人になるかもしれない。
 ところが、その人にとっての一番親しい人は、自分ではないかもしれない。
 それを知って、裏切られたと感じるかもしれないし、いたたまれなくなることもあるかもしれない。
 自分が親しくしてあげてた人が、ほかの誰かにとられてしまうこともあるかもしれない。
 そうして人間はひとりになっていくのかもしれない。

 誰も自分のために泣いてくれず、誰も自分のために笑ってくれず、幸せそうな人を見ては恨み、
 なぜ自分がこんな目にあわなければいけないんだと思う一方、
 自分程度の人間はこんな目にあっても仕方がないと気づき、ただ「待つ」だけの存在となり、待てども待てども誰も来ず、
 ひからびて、自分の生に興味もなくなり、そのままじわじわ死にむかっていく。かもしれない。

 そういった不安と孤独を抱える人に、この作品を捧げたい。

 劇団アトリエ代表 小佐部 明広


…━━…出演…━━…
城田 笑美
有田 哲(劇団アトリエ)
英 まさみ
むらかみなお(デンコラ)
中村 雷太
遠山 くるみ
秋山りな(デンコラ)

※事情により出演予定だった劇団員の新谷菜摘が出演できないこととなりました。 代わりにデンコラ・秋山りなさんが出演いたします。

…━━…日時…━━…
2016年
11月11日(金)19:30 
11月12日(土)13:00/19:00
11月13日(日)12:00/16:00
(開場は開演の30分前です。)

…━━…会場…━━…
生活支援型文化施設 コンカリーニョ
<札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)>
※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

…━━…料金…━━…
【前売・予約】 一般2000円
         DM会員1800円/25歳以下1500円/高校生以下500円
【当日券】 各500円増/再観1000円

※25歳以下、高校生以下のお客様は、年齢の確認できるもの、学生証等のご提示をお願いする場合がございます。
※DM会員様は、劇団アトリエからのハガキを受け取っている方が対象の割引です。受付で案内ハガキをご提示ください。


…━━…チケット取扱い…━━…
◆チケット予約フォーム(corichチケット)
http://ticket.corich.jp/apply/77417/
◆ローソンチケット(Lコード:16432)

Twitter:@gekidanAtelier(#蓑虫の動悸)
HP http://gekidanatelier.web.fc2.com/

携帯からの予約はこちらをクリック!




[PR] 演劇 訪問看護 訪問看護 八王子 ミラートレーダー 初心者



<『蓑虫の動悸』と同時上演!>
若手演出家コンクール2015優秀賞受賞記念公演『二番芝居』 演出・脚本 小佐部明広

二番芝居

今年3月、若手演出家コンクール最終審査のために東京で上演した『二番芝居』を札幌でも上演します。
落語の手法を借りて、ある一人の作家の劣等感を描いていきます。

(出演)信山E紘希、伊達昌俊、有田哲
(日時)11月11日(金)16:00  11月12日(土)16:30
(会場)生活支援型文化施設 コンカリーニョ
(料金 前売・当日)一般 1800円、蓑虫割引 1500円、25歳以下 1000円
※「蓑虫割引」は『蓑虫の動悸』と一緒に観劇する方が対象の料金です。『蓑虫の動悸』のチケット(もしくは半券)をお持ちの方はご提示ください。お持ちでない方は『蓑虫の動悸』のチケットのご予約があるかをこちらで確認いたします。
(チケット予約)https://www.quartet-online.net/ticket/2ban4bai
<ローソンチケット発売!>Lコード:16433

=============

チケット予約はこちら

よろしくお願いします。

小佐部

稽古?(稽古9~12日目)

2016.10.13 14:28|第20回公演[蓑虫の動悸]
こんにちは、小佐部です。

『蓑虫の動悸』の稽古中です。

今回の稽古は、いつもと違うように進んでいます。

いつもの場合
初日に「本読み」という、台本を最初から最後まで口に出して読んでみるということをやります。

そして、台本を持ちながら、シーンを練習して、
構図を決めたりセリフを覚えたりします。


今回の稽古は違いました。

「本読み」を一切やっていません。

初日に台本を渡し、「おうちで3回くらい読んできて。」と言ったきりです。


というのも、本読みをやる意味があまりないんです。
「セリフ」がほとんど書いていないから。

しかも、登場人物が「男1」「女2」と書かれていて、
動作ばかりがかいてあるものなので、
読んでるだけだと、なんだかよくわからないのです。

ということで、まともに「稽古」と呼べるようなことをしたのは3日間くらいです。
それまでは、出演者に各シーンの静止画を作ってもらって、
台本の内容を理解してもらう。という作業にあてました。

また、参考の映像を見たり、
ちょっと感覚的なトレーニングをしたり、
体幹を鍛えたりしていました。

IMG_20161006_214139.jpg
感覚的なトレーニングの図。


先日、稽古に入り、大雑把に構図や動作、
行動の意味を決めていっているところです。

これを最後のシーンまでやって、
また頭から精度を上げていく、
ということを本番まで繰り返すことになるかと思います。


いつもと違うというのは、
大変なことではありますが、
楽しいことでもあります。

最後の新作なので、
僕の今やりたいことを徹底的にやります。

チケット予約はこちら

蓑虫の動悸フライヤー表小


劇団アトリエ第20回公演
『蓑虫の動悸』 演出・脚本 小佐部 明広

 触れ合う。慰められる。犯していく。
 孤独と動悸。私の存在。

 沈黙で描かれる、「私」の心の中の時間。

 孤独な「私」は、どこへ行く。

 誰かと関係をもとうとするが、誰とも関わることができない。近づこうとして拒否されることもある。
 本当は、他者から温もりをもらいたいのに、自分で自分に温もりを与えようとする。
 そこに、自分と関係を持とうと思ってくれる人が現れるかもしれない。

 その人が、自分にとって最も親しい人になるかもしれない。
 ところが、その人にとっての一番親しい人は、自分ではないかもしれない。
 それを知って、裏切られたと感じるかもしれないし、いたたまれなくなることもあるかもしれない。
 自分が親しくしてあげてた人が、ほかの誰かにとられてしまうこともあるかもしれない。
 そうして人間はひとりになっていくのかもしれない。

 誰も自分のために泣いてくれず、誰も自分のために笑ってくれず、幸せそうな人を見ては恨み、
 なぜ自分がこんな目にあわなければいけないんだと思う一方、
 自分程度の人間はこんな目にあっても仕方がないと気づき、ただ「待つ」だけの存在となり、待てども待てども誰も来ず、
 ひからびて、自分の生に興味もなくなり、そのままじわじわ死にむかっていく。かもしれない。

 そういった不安と孤独を抱える人に、この作品を捧げたい。

 劇団アトリエ代表 小佐部 明広


…━━…出演…━━…
城田 笑美
有田 哲(劇団アトリエ)
英 まさみ
むらかみなお(デンコラ)
中村 雷太
遠山 くるみ
秋山りな(デンコラ)

※事情により出演予定だった劇団員の新谷菜摘が出演できないこととなりました。 代わりにデンコラ・秋山りなさんが出演いたします。

…━━…日時…━━…
2016年
11月11日(金)19:30 
11月12日(土)13:00/19:00
11月13日(日)12:00/16:00
(開場は開演の30分前です。)

…━━…会場…━━…
生活支援型文化施設 コンカリーニョ
<札幌市西区八軒1条西1丁目 ザ・タワープレイス1F(JR琴似駅直結)>
※会場に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

…━━…料金…━━…
【前売・予約】 一般2000円
         DM会員1800円/25歳以下1500円/高校生以下500円
【当日券】 各500円増/再観1000円

※25歳以下、高校生以下のお客様は、年齢の確認できるもの、学生証等のご提示をお願いする場合がございます。
※DM会員様は、劇団アトリエからのハガキを受け取っている方が対象の割引です。受付で案内ハガキをご提示ください。


…━━…チケット取扱い…━━…
◆チケット予約フォーム(corichチケット)
http://ticket.corich.jp/apply/77417/
◆ローソンチケット(Lコード:16432)

Twitter:@gekidanAtelier(#蓑虫の動悸)
HP http://gekidanatelier.web.fc2.com/

携帯からの予約はこちらをクリック!




[PR] 演劇 訪問看護 訪問看護 八王子 ミラートレーダー 初心者

=============

チケット予約はこちら

よろしくお願いします。

小佐部
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。