12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは感づいている、が、

2013.01.25 19:14|小佐部
更新が久しぶりになってしまいました。

最近は稽古もないので、最近思うことを書こうかと思います。

世間でなんとなく言っちゃいけないことというのがありまして、
それは自由とか平等とかいう建前があるせいだと思うのですけれども、
それに反することは認めないようにする傾向があるようなのです。

かわいくない人はかわいい人よりモテないよ、とか、
きちんとお金を稼がないと困るよ、とか、
人数の多い組織には派閥とかいじめがあることがあるよ、とか、
才能のない人はいくらやってもダメ、とか、

いやいや、かわいくない人だってモテるとか、お金より大事なものがあるとか、
派閥やいじめはよくないとか、自分の可能性を信じろとか、
もちろん言っていることは正しいのですけれども、
そして私たちはつい口にしてしまうような言葉なのですけれでも、
でもやっぱりそれって建前よね。
私たちは誰に言われなくともはそう感づいているのですが、
しかし感づいていない人というのもいるのでして、
その人たちはその建前を信じて、またその一部の人はそれで大失敗して、
騙されたと思うのです。

かわいい人がモテるとか、お金が必要とか、派閥やいじめがあるとか、才能のない人はダメとか、
それはやっぱり事実としてあるのです。
建前を過度に信じてしまうと、
いやいやそんな事実はない、そうとは言い切れないだろう、と頑張ってしまうことがしばしば。
しかし、それは事実から目を逸らしているのであって、
当然、それを認めるということは、苦しいこともあるし、悔しいことだってあるでしょうけども、
やっぱり事実を認めないと、問題が解決されないのです。

だからまず、どうやら世間にはこういう事実があるらしいぞというのを、きちんと認めて、
認めてから、じゃあ自分はこれからどうしようと考えていかねばならないのです。

かわいくない人は、どうやらかわいい人よりモテないらしいぞということを認めて、
モテるための努力をするか、モテなくてもいいと腹をくくらなければいけないのであって、
いやいや私は人よりかわいくありませんけど今はモテていないだけでなんかのきっかけでモテモテになりますから、
という幻想は捨てたほうがよろしかろうと思います。

しかしこういうのは、世間で声を大にして言うにはやはり憚られるようであって、
じゃあ演劇でやってみちゃうのがいいのかしら。

小佐部
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。