10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界エイズデー『ポジティブ』上演します。

2015.11.27 11:00|小佐部
こんにちは、小佐部です。

札幌座『大海原で』がこの前終わりました。
ご来場ありがとうござました。

先輩方に囲まれ、また、久しぶりの出演ということで、
大変勉強になり、いろいろと得るものが大きかった公演でした。

そして、今月3本目の本番です!
今月はこれで終わりです!

突然ですが、
12月1日はなんの日でしょう?

この日は「世界エイズデー」なのです。

というわけで、HIV/エイズにかかわる作品を、上演いたします。

僕の書き下ろしです。


●演劇を楽しみながら勉強にもなる!
●僕がかなり久々に上演する「会話劇」!
●劇団アトリエの柴田知佳が、場面転換中にオリジナル9曲を演奏、うち2曲は歌も歌います!(短いけど)

● 入 場 無 料 !

整理券が必要なのでご予約お願いします!

なのでそのお知らせをさせてください!

CR4oHlHVEAEVp_f.jpg



=====

世界エイズデーシアター 『ポジティブ』

2015年の札幌。
会社員・小川雄二27歳は仕事もそつなくこなし、付き合ってそろそろ3年になる恋人もいて、人生としてはそこそこ上出来であった。
ある日雄二は、先輩の亮介、後輩の依子と3人で喫茶店へ行くことになる。
亮介がトイレで席を外したとき、亮介と付き合っている依子から、あることを打ち明けられる。
その日から、雄二の中で、何かが変わり始めていった。
治らぬ病を抱えた者と、抱えられた者。
札幌を舞台に描かれる、治らぬ病をめぐる物語。

【脚本・演出】
小佐部明広(劇団アトリエ)

【出演】
鈴木仁茂、後藤夏実、若月篤、斉藤詩帆、伊達昌俊、メキシコ

【日時】 
2015年
11月30日(月)開場19:30/開演20:00
12月1日(火)開場18:00/開演18:30

【料金】
入場無料(入場整理券が必要)
整理券1枚でお1名様入場可

【入場整理券】
info@wad-sapporo.org宛に、メール本文に 氏名・住所・連絡先電話番号・チケット希望枚数(おひとり様2枚まで)をご記入ください。

【会場】
ターミナルプラザことにパトス 
(札幌市西区琴似1条4丁目 地下鉄東西線琴似駅B2F)
TEL011-612-8383

【問合せ】
世界エイズデー札幌実行委員会
TEL090-2876-6519
info@wad-sapporo.org

=====

面白いですよ。ぜひご来場ください!

小佐部
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。