FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇団アトリエ」2016年の予定

2016.03.22 17:43|アトリエからのお知らせ
【「劇団アトリエ」2016年の予定】

※『もういちど ~蛙飛びこむ水の音~』の折込チラシで発表いたしました内容を下記に掲載致します。

<4月>
遊戯祭16<聴かせておくれ清志郎>参加作品
『オーイェス・マイゴッド』 演出・脚本 小佐部 明広

 少し未来の話。数年前、突如として全ての人間の近くに死神が出現し、人類は毎日少しずつ抹殺され始めた。
 今では死神だらけの風景も当たり前になり、人々は当たり前に仕事をし、当たり前に恋愛をしていた。
 隣に死がある世界で描かれる、愛と青春の群像劇。
 なぁ神様、なんのために世界にこんなもんよこしたんだ。

【出演】有田 哲(劇団アトリエ)、伊達 昌俊(劇団アトリエ)、大谷 早生(劇団ロクデナシ/劇団うみねこ)、新谷 菜摘、橋場 美咲(ゆりいか演劇塾)、小林 なるみ(劇団回帰線)、青木 玖璃子(yhs)、山口 健太(箱人会議)、長枝 航輝(劇団うみねこ/ゆりいか演劇塾)、若月篤(ゆりいか演劇塾)、種田 基希(北星学園大学演劇サークル)、高橋 寿樹(ゆりいか演劇塾)、田邊 幸代(北海学園大学演劇研究会/ゆりいか演劇塾)

2016年4月28日(木)~4月30日(土)
@生活支援型文化施設コンカリーニョ


<7~8月>
札幌演劇シーズン2016-夏-参加作品
『学生ダイアリー』(再演/初演2012年) 演出・脚本 小佐部 明広

 舞台は2017年、札幌のとある大学。
 イベントサークルの学生達は、サークル主催のイベントを目前に控えている。
 外では何やらデモが行われている。学生達はキャンパスライフをエンジョイしている。
 だが、なにかが足りない。楽しさの横にあるこの隙間はなんだろうか。
 人々の淡々とした会話の中から、それぞれの思い、そして、日本に漂う空気が浮かび上がってくる。

【出演】柴田 知佳、びす子、山崎 亜莉紗(パインソー)、柴野 嵩大(劇団しろちゃん)、有田 哲(劇団アトリエ)、信山E紘希(座・れら)、井上 嵩之(劇団・木製ボイジャー14号)、村上 友大

2016年7月30日(土)~8月6日(土)
@扇谷記念スタジオ シアターZOO



<11月>
劇団アトリエ第20回公演
『蓑虫の動悸』 演出・脚本 小佐部 明広

 動悸とは、心臓の拍動が自分で感じられる状態を指す。
 緊張したり、不安な気持ち、恥ずかしい思いをしたときに心拍数が上がる。
 孤独と、そこからくる寂しさや嫉妬、虚しさ、恥じらいなどが、削ぎ落とされたセリフにより表現される。

2016年11月11日(金)~11月13日(日)
@生活支援型文化施設コンカリーニョ

 ※若手演出家コンクール2015優秀賞受賞記念公演『二番芝居』同時上演


<12月>
劇団アトリエ第21回公演
『汚姉妹 -呪われた少女-』(初演2013年) 演出・脚本 小佐部 明広

 ハルちゃんには、おうちがありませんでした。でも悲しくはありませんでした。
 みんなと一緒にいれば楽しかったからです。
 ある日、お金持ちのおじさんがやってきて、ハルちゃんからいろんなものを奪っていきました。
 きっとおじさんは、幸せそうなハルちゃんがうらやましかったのです。

 「劇団アトリエ」最後の公演は2013年に上演された『汚姉妹』の改訂版。

【出演】山木 眞綾、脇田 唯(POST)、伊達 昌俊(劇団アトリエ)、有田 哲(劇団アトリエ)、小川 しおり(劇団fireworks) ほか

2016年12月14日(水)~12月18日(日)
@扇谷記念スタジオ シアターZOO
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。