FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

gekidanatelier

Author:gekidanatelier
札幌を拠点に活動する劇団です。2011年1月1日結成。
リンク:ホームページTwitterFacebook

アクセスカウンター

twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが、『学生ダイアリー』ありがとうごいざました!

小佐部です。

とても遅くなりましたが、『学生ダイアリー』にご来場くださりありがとうございました。

DSC_4650.jpg
DSC_5385.jpg
DSC_4683.jpg


今回の演目は、劇団アトリエ第5回公演『学生ダイアリー』(2012年初演)の再演でした。

サークル会館の一室に、何人かが出入りして、
会話をするというスタイルの作品でした。

ほとんどが他愛もない会話で構成されている作品でした。

場面転換もなく、ストーリーもない。
そんな作品をどうやってつくっていくのか。

普段、ほかの作品をつくるときとは、
また違った頭の使い方をしなければなりませんでした。

DSC_5417.jpg
DSC_5461.jpg
DSC_4737.jpg

登場人物の多くは大学生の設定だったのですが、
本当の大学生はふたりだけでした。

僕も、大学を卒業してしばらくが経つので、
もう上演できなくなる前に、もう一度上演できてよかったです。

初演の時は実際に学生だったのですが、
あの頃より距離を取って作品をつくれたんじゃないかと思っています。

DSC_4746.jpg
DSC_5379.jpg
DSC_5516.jpg
DSC_4780.jpg

日常でたまに出会う、嫌な空気感とか、
会話の感じを、どうにか舞台で再現できないかと腐心していました。

稽古していて気づいたのですが、
なんか嫌な奴ばっかりだな、と思いました。

いつものことですけど。

DSC_4801.jpg

描いていたのは学生のことでしたが、
そこから、社会のこととかにも触れていきたいと思っていました。


ラストの暗闇への変化は、
毎回見ていて少しドキッとしました。

作品の中で唯一、刺激の強い変化でした。


今回、札幌演劇シーズンに参加させてもらえて、
いい経験になりました。

これからも演劇シーズンの演目に選ばれるように精進していきます。

劇団アトリエもあと約4ヶ月で終わりです。
その期間で3演目上演します。

最後まで、どうぞよろしくお願いします。

小佐部
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。